重症筋無力症(MG)の施術例(実例70)

頭痛、首、肩こり、腰痛、不眠、眼瞼下垂を訴えて来院された青森市在住の20代女性。重症筋無力症(MG)と診断され、通院治療を続けており、さらに統合失調症と不安障害も抱えています。

施術その1…
検査では頭がむくみ、頭部の一次呼吸が非常に弱く、肺呼吸も浅い状態が認められました。

施術その2…
自己免疫疾患であることから、まず神経伝達と自己治癒力をアップするための脳を活性化する施術をしました。

施術その3…
脊髄を調整しながら、脇の下の首、肩こりポイントを緩める施術をしました。

施術その4…
肝臓、小腸、回盲、脾臓などの内臓を調整し、横隔膜を緩め呼吸を拡大する施術をしました。

施術その5…
動きの悪い頭蓋骨、蝶形骨、顔面を緩め、一次呼吸を整えて施術を終わりました。

以上の施術を先週行い、本日2回目の施術に来院された患者さんは「先週治療後、本当にぐっすり眠ることができました。」と言われ、健康レベルアップコースで施術を続けることになりました。

コメント


認証コード8707

コメントは管理者の承認後に表示されます。