ヘルニアの施術例(実例66)

今年5月から右脚と右腰が痛み始め、次第に痛みが増し整形外科を受診したところヘルニアと診断され、痛み止めを服用しているものの改善がみられないため来院された青森市在住の男子高校生。

施術その1…
検査では右脚がほとんど上がらず、坐骨、ハムストリングス、ふくらはぎ、内転筋、脊柱起立筋、右大腰筋の異常な固さが認められました。

施術その2…
まず、十分に時間をかけ右大腰筋を徹底的に緩める施術をしました。

施術その3…
次に、梨状筋、坐骨結節、ハムストリングス、内転筋を緩める施術をしました。

施術その4…
脊柱起立筋と菱形筋を整え、再度右大腰筋を緩める施術をすると、右脚が少し上がり痛みも少し軽減しました。

施術その5…
最後に首と頭蓋骨を整え施術を終わりました。

患者さんは「少し楽になりました」と次回の予約をしお帰りになりました。

コメント


認証コード6511

コメントは管理者の承認後に表示されます。